1万円以下でどこでも使える充電式マッサージ機 ドクターエア3Dマッサージロール

Pocket

ドクターエアのマッサージャー、3Dマッサージロールを使ってみました。
充電式のコードレスだから場所を選ばずどこでも使用でき、足先から腰、肩まで全身をほぐせます。

ドクターエアの3Dマッサージロールって?

ドクターエア3Dマッサージロール
3Dマッサージロールドクターエアから発売されている小型のマッサージ機です。
充電式のコードレスタイプなので、部屋中どこでも持ち歩いて使用できます。

ドクターエア3Dマッサージロール
3分間で最大10,000回の強力振動で全身がほぐせます。

ドクターエア3Dマッサージロール
イスの背もたれの間にはさんで腰痛やお尻のコリに。
アシストカバーに入れて肩の痛みに。
ベッドに寝転んだ状態でも、太ももやふくらはぎなどの足裏、腰にも使用できます。

3Dマッサージロールを使ってみた口コミ

ドクターエア3Dマッサージロール
3Dマッサージロールを実際に使ってみました。
付属品は本体と充電用のコード、アシストカバーで、面倒な組み立ては一切ありません。

ドクターエア3Dマッサージロール
充電のやり方は本体に充電コードを指すだけでとても簡単です。
満充電までは約3時間かかります。
電池の持続時間は、「弱」のモードで使用した場合最長180分となっています。

ドクターエア3Dマッサージロール
専用のアシストカバーに入れると使用範囲が広がります。
持ち手の付いているアシストカバーなので、後ろから回して肩や腰に当てられます。

ドクターエア3Dマッサージロール
アシストカバーにはスイッチマークの刺しゅうも。
カバーの上からでもスイッチが分かりやすいのがいいですね。

ドクターエア3Dマッサージロール
振動のモードは4段階になっています。
スイッチはひとつだけで、押してモードを切り替えます。
細かい設定がないので高齢の方でも簡単に使えますよ。

使ってみて振動が気になる場合はベッドやクッションを使用するのがおすすめです。
そのまま使うよりも振動音を吸収してくれます。

3Dマッサージロールのサイズ感

ドクターエア3Dマッサージロール
手近にあった500mlのペットボトルと並べてサイズ感を比較してみました。
寸胴のペットボトルより一回り大きいくらいの、シャープで細身なマッサージ機です。

ドクターエアの3Dマッサージロールとストレッチロール
ちなみにドクターエアのストレッチロールとサイズを比べてみるとこの通り。

ドクターエアの3Dマッサージロールとストレッチロール
デザインもスタイリッシュで細身のコンパクトボディなのが分かります。

まとめ

ドクターエア3Dマッサージロールは、テレビ番組の「有吉ゼミ」でも紹介されました。
歌手の梅沢富美男さんや気象予報士の石原良純さんが購入したという放送の直後、爆売れしたという人気商品です。

お値段は税込9,800円と、1万円以下で買える手頃な価格なのも魅力です。
場所を取らずどこでも全身のコリをほぐせるのでおすすめですよ。

↓ 公式サイトはこちら ↓

ドクターエア3Dマッサージロール
ドクターエア公式オンラインストア

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク