花束を長く楽しむコツ!まだまだ元気な花は小分けにして小さく活けよう

Pocket

「このブーケもきれいだったけど、もう終わりかあ……」

でもまだ捨てないで!
花束が枯れてきてしまったら、元気な花だけを残して飾りなおしましょう。

残った花は一輪挿しやコップなどに小分けにすれば、お部屋のいろいろなところに飾れて長く楽しめます。

枯れてきてしまったブーケは分解して小さく飾る!

【日比谷花壇】母の日 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」

写真は日比谷花壇さんで人気のフラワーギフト「そのまま飾れるブーケ」です。

【日比谷花壇】母の日 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」

水替えの必要もなく、とっても手軽でかわいいのですが、生花なのでいつかは枯れてしまいます……。

でもよく見ると、まだ元気な花はあるし、アイビー(グリーン)もイキイキとしているし、何だかもったいない!

花束を長く楽しむコツ!まだまだ元気な花は小分けにして小さく活けよう

そんなときはブーケを分解して、枯れてきてしまった花だけを取りのぞいてあげます。
(枯れてきた花からはエチレンガスが出てきて、周りの花の鮮度も落としてしまうので早めに。)

【日比谷花壇】母の日 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」

残ったカーネーションとアイビーを、引っかけるタイプの一輪挿しに飾ってみました。
簡単ですがなかなかいい感じです^ ^

アイビーの水耕栽培

グリーンはお花よりも寿命が長い場合が多いです。

アイビーの水耕栽培

あとから知ったのですが、アイビーは水に浸けておけば根が伸びてくるので、切り花の状態から再び育てることもできるそうです。
(もっと根が浸かるくらい水を入れてあれば枯れなかったかも、残念……。)

花瓶がなくてもOK!おうちにあるコップでもお花を飾れる

「でも一輪挿しなんて持っていない」
「ちょうどいい花瓶もない」

そんなときは、どこのおうちにもある「コップ」や「グラス」を使って活けてください。
花瓶がなくてもお花は手軽に飾れます!

花束を長く楽しむコツ!まだまだ元気な花は小分けにして小さく活けよう

花束から折れて落ちてしまった花やグリーンたちです。
バラは花の部分だけポキっと折れて悲しかったのですが、ならばとグラスに小さく飾ってみました。

今はカクテルグラスやワイングラスも100均で見つかったりするので狙い目です。

花束を長く楽しむコツ!まだまだ元気な花は小分けにして小さく活けよう

花びらが直に水に浸かっているので持ちはよくないですが、おしゃれな雰囲気が出て気に入りました。

花束を長く楽しむコツ!まだまだ元気な花は小分けにして小さく活けよう

こちらはご近所の方からいただいた蘭(ラン)。
かなりバランスが悪いですが、倒れなければヨシ、水を吸えればです!

花束を長く楽しむコツ!まだまだ元気な花は小分けにして小さく活けよう

そして落ちてしまった花は、ガラスのおちょこに入れて小さく飾ってみました。

花束を長く楽しむコツ!まだまだ元気な花は小分けにして小さく活けよう

つぼみのままポッキリ折れてしまったラベンダーも、もったいなかったのでおちょこにイン。
小さいですがグリーンがお部屋にあると、やっぱり何となく癒されます。

【日比谷花壇】母の日 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」

まだまだ元気なお花は小分けにして飾って、ぜひ長く楽しんでみてください。

日比谷花壇

関連記事はこちら。
日比谷花壇のハナノヒイベントで花瓶生けについて学んできました!
母の日プレゼントにおすすめの花、日比谷花壇のそのまま飾れるブーケ
インテリアに手軽にグリーンを取り入れられる『URBAN GREEN MAKERS』

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク