国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場しました

Pocket

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場

国産野菜のレンジカップスープ『 野菜をMotto!!』に母の日のギフトセットが登場しました。

レンジで温めるだけで簡単に食べられるから、いつも家事の時間を短縮。
忙しいお母さんに「時間」のプレゼントもできます。

カーネーションが可愛い、特別パッケージは母の日限定です。

野菜をMotto!!の母の日ギフトはこちら

野菜をMotto!!って?

レンジカップスープ『野菜をMotto!!』人気スープの食べ比べ6個セット

野菜をMotto!!は、高級ツナ缶が有名なモンマルシェが展開している野菜のブランドです。

メイン商品は「レンジカップスープ」で、

  • 保存料、化学調味料、合成着色料不使用で安心・安全
  • 国産野菜100%を使用
  • レンジで1分温めるだけでOKだから簡単
  • 常温保存で冷蔵庫の場所を取らない

といった特徴のスープを作ってます。

とにかく簡単に、安心して食べられるので、自家用にストックしたり、ギフトとしてもぴったりです。

野菜をMotto!!レンジカップスープはこちら

『時間』を贈る、母の日のスープギフト

今回はブログ記事用に、「母の日限定かご入りスープ」をご提供いただいたのでご紹介します。

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場

母の日限定かご入りスープ
価格:2,380円(税込)

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場

カーネーション(造花)と、4種のスープがカゴに入ったかわいらしいセットです。

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場

母の日のお花と言えばカーネーション。
スープを食べ終わったあとも、お部屋に置いて楽しむことができます。

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場

造花ですが作りはしっかりしていて、また、造花だからこそ気軽に飾れるのがいいです。

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場

スープはミネストローネ、コーンポタージュ、クラムチャウダー、オニオンスープの4種が味わえます。

お届け希望日は母の日の当日から、前日、前々日、その他指定日も選べるので、サプライズで贈ったりしてもよさそうです。

『時間』を贈る、母の日のスープギフトはこちら

野菜をMotto!!レンジカップスープの温め方

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場

野菜をMotto!!レンジカップスープは1食分が個包装になっています。
レンジで温めるだけで、カップのまま食べられるのでお皿は不要です。

紙のカバーを外したら、中の具材が均一になるように、フタを開ける前にカップを逆さにして10回程度よく振ります。

レンジカップスープ『野菜をMotto!!』人気スープの食べ比べ6個セット

フタを少し開けてからレンジでチンします。
加熱時間は500Wなら約1分、600Wなら約40秒でOKです。

野菜をMotto!!レンジカップスープを食べた口コミ

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』

静岡産「あかでみトマト」で煮込んだ7種野菜と3種の豆が甘み豊かなミネストローネをいただいてみました。

1 カップ(180g)当たり95kcalとヘルシーで、小腹満たしにもぴったりの量です。

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』

スープは具だくさんで、ゴロっとした大きめのじゃがいもが入っていました。
お豆もたっぷり入っていて、噛みごたえもしっかりあります。

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』

味は濃すぎず、薄すぎず、ちょうどいい塩加減で、野菜のうま味が出ていておいしかったです。

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』

コーンポタージュ、クラムチャウダー、オニオンスープも、それぞれの味の個性が光ります。
どれから食べようか迷うのも、一つの楽しみですね。

また、常温保存できるので、職場などに持っていって食べられるのが便利でした。

野菜をMotto!!の商品一覧はこちら

まとめ

国産野菜のカップスープ『野菜をMotto!!』に母の日ギフトが登場

野菜をMotto!!レンジカップスープは、おいしくて時短ができる贈り物として、母の日のギフトにぴったりです。

通常のギフトセットに加え、この時期には「母の日特別パッケージ」の商品も展開しています。

詳細・購入は野菜をMotto!!の公式サイトをぜひチェックしてみてください。

野菜をMotto!!の母の日ギフトはこちら

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク