縛りなしWiFiを契約してみた!GMOとくとくBBと比較して乗り換えるか検討中

Pocket

契約期間なしで料金も安いと話題の「縛りなしWiFi」に申し込みました。

これまではGMOとくとくBBのWiMAX2+のギガ放題を使っていたのですが、こちらの契約期間が満了になるので乗り換えるか検討中です。

ちなみにわたしは回線がどうだとか、速度とかに関してはかなり無知。

「下り最大○○Mbps!」とか言われても、実際よく分からないし!

というガジェット系は苦手な視点で、

  • 縛りなしWiFiでも速度は問題ないのか
  • 今より料金は安くなるのか
  • 契約にあたってデメリットはないのか

などについて、簡単にまとめてみました。

縛りなしWiFiって?

縛りなしWiFiは、その名の通り、契約期間に「縛り」が設けられてないレンタルWiFiサービスです。

特徴はこちら。

  • 1年契約、2年契約などの契約期間の縛りなし
  • 月額3,300円(税抜)
  • 通信容量の月間通信制限なし
  • 初期費用、事務手数料、端末代金なし
  • 端末は送料無料で最短翌日発送
  • サービス利用料は通信費のみ

と、非の打ちどころがないようなサービス内容で注目されています。

しかし結論から言うと、やはり何も心配なしというわけではなく、多少不安な点は残るのですが(後述)、契約期間の縛りがなくていつでも解約ができるのは魅力的です。

縛りなしWiFiについて詳しく見てみる

縛りなしプランor縛っちゃうプラン、どっちを選ぶ?

縛りなしWiFiには、

  • 縛りなしプラン
  • 縛っちゃうプラン

の2つのプランがあります。

「縛りなし」WiFiじゃなかったのかw

と思いますが、縛っちゃうプランは契約期間に縛りをつける分、月額が安くなります。

大まかな違いとしてはこちら。

縛りなしプラン
月額 税別3,300円
端末紛失・故障・水没時弁済金 税別39,800円
契約解除料 なし
端末 WiMAXもしくはSoftBank(選択不可)
縛っちゃうプラン
月額 税別2,800円
端末紛失・故障・水没時弁済金 なし
契約解除料 税別15,000円
端末 SoftBankの601HWシリーズ限定

縛っちゃうプランは500円も月額料金が安くなり、魅力的ではあります。
でも3年契約と結構長め。

端末を紛失したり故障させたりすると、縛りなしプランの場合は高額な料金がかかります。

ですがこれまで数年に渡り、いくつものモバイルルーターを使ってきましたが、自分の不注意で故障させたり水没させたりはとりあえず心配ないと判断しました。

縛っちゃうプランの契約解除料については、36か月以内で解約した場合、税別15000円の違約金とは別に契約残月数×1,200円がかかるそうです。

ここまで見てみて、せっかく縛りなしで気楽に使えるのだから、選ぶなら「縛りなしプラン」だなと思いました。

月額が安くなるのはいいのですが、3年縛られているうちにもっと安いサービスが登場するかもしれないですし。

今契約しているGMOとくとくBBのギガ放題サービスは、初期の割引がなくなって現在は毎月4,603円を払っています。

それが今後も続くと考えると、縛りなしプランの税別3,300円は十分安くて満足できる金額です。

縛りなしプランと縛っちゃうプランを比較してみる

縛りなしWiFiの契約で一番不安だったこと、デメリット

しかし、契約前に一応ネットで口コミを調べてみると、いいこと尽くめだと思っていた縛りなしWiFiにもデメリットがありました。

それは、

自分で端末を選べない

ということです。

公式サイトには、

  • SoftBank 603HW 下り最大612Mbps
  • WiMAX W04 下り最大440Mbps
  • WiMAX WX05 下り最大440Mbps
  • SoftBank 502HW 下り最大187.5Mbps

の4つ端末がレンタル例として載っているのですが、その下に、

「※在庫状況によっては上記以外の端末をお送りする場合がありますのでご了承下さい。」

という注意書きもあります。

(ちなみに縛っちゃうプランの場合、送られてくるのはSoftBankの601HWシリーズ限定となっています。)

縛りなしWiFiを契約してみた!GMOとくとくBBと比較して乗り換えるか検討中
まさに現在使っているのが、サイトに掲載中のWiMAX W04なので、上位機種じゃなくとも同じ端末か同等くらいの機種がいいのですが、何が届くのかは選べないとのことなのです。

さらに、月間の通信制限はないのですが、

  • WiMAXは10GB/3日を超えると一時的な制限がかかる
  • SoftBankは3GB/1日を超えると当日速度制限となる

という日数での制限はあります。

今使っているWiMAXも10GB/3日の制限で、3日で10GBを超えることはこれまでなかったのですが、まれに1日で3GBを越えてしまう日はありました。

そうなると絶対的にWiMAX端末一択。

ですが端末は送られてくるまで何が届くか分からないのです。

サイトに掲載されている端末に関しては、下りの最大速度の数値が大きければ大きいほど早いのだろうと思いましたが、これは理論上の数値だそうで、SoftBank502HWの下り最大187.5Mbpsも全く問題はないようです。

縛りなしWiFiの取り扱い端末一覧はこちら

サイトに掲載の端末はほぼ届かないのかも?

わたしより先に縛りなしWiFiを契約した人の口コミを探すと、

  • SoftBank Pocket WiFi 601HW
  • 富士ソフト FS030W(SoftBank)

の2種の端末が届いた方が多いようでした。

というか、サイト掲載の4端末が届いたという人がほぼ見当たらない……。

ですが、速度や性能面は601HWもFS030Wも問題なく使えそうな印象だったので、少々不安は残りつつも、申し込んでみることにしました。

もしダメでも、すぐに解約できることは最大のメリットです。

縛りなしWiFiが届いたので開封!

申込み時に端末到着希望日が選べたので、選択できた最短の日にちを選びました。
6/12申込み、6/16端末到着希望です。

申込み完了メールには「初回請求金額 1782円」とあり、これは初月の日割り料金ということでした。

到着する前から日割り料金が出ているけど、ほんとに希望した日に着くのかあ?

と疑っていたのですが、ちゃんと希望日に届きました。

縛りなしWiFiを契約してみた!GMOとくとくBBと比較して乗り換えるか検討中
レターパックでのお届けで、これは他の方々の口コミ通りです。

縛りなしWiFiを契約してみた!GMOとくとくBBと比較して乗り換えるか検討中
「端末以外説明書もなし」と書かれていた方が多かったのですが、案内状と説明書も入れるようになったみたいでした。

縛りなしWiFiを契約してみた!GMOとくとくBBと比較して乗り換えるか検討中
そして届いた端末は、富士ソフトのFS030W!

やっぱりか~という感じでしたがまあヨシ。
目立った傷はなく、新品なのではないかと思います。

縛りなしWiFiを契約してみた!GMOとくとくBBと比較して乗り換えるか検討中
パスワードなどは端末の裏に貼られていました。

縛りなしWiFiでFS030Wを使ってみた実感

縛りなしWiFiを契約してみた!GMOとくとくBBと比較して乗り換えるか検討中
本体は128gと軽くてコンパクト。
速度の実感も問題なく、これまで通り快適にネットができている状況です。

Wi-Fi利用時最大20時間のバッテリーということでしたので、実際にフルバッテリー状態からネットを繋いで、何時間連続使用できるか測ってみました。

結果は10時間55分。

その時々で変動はあるでしょうが、なかなかのバッテリー持ちです。

SoftBank回線なので3GB/1日の制限だけが心配なのですが、とりあえずしばらく使ってみて、GMOとくとくBBのWiMAXを本当に解約するか、継続するかを考えたいと思います。

縛りなしWiFiの公式サイトはこちらから

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク