パーソナルクーラー『ここひえ』と扇風機を比較!屋外で使えるから熱中症対策にも

Pocket

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
ショップジャパンで販売中のパーソナルクーラー『ここひえ』を使ってみた口コミです。

夏はエアコンを積極的に使用せず、もっぱら扇風機+窓あけで乗り切るわたし。
そこで、第3のクーラーとも言える『ここひえ』はどのくらい涼しいのか、扇風機と比較してみました。

この記事では、ここひえを使ってみて良かった点や、ちょっと惜しいと思った点まで正直にご紹介しています。

※商品はショップジャパンさまより提供いただきました。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

パーソナルクーラー『ここひえ』って何?


ここひえ』は持ち運び可能な小型の「パーソナルクーラー」です。

USB電源で動くミニ扇風機などがありますが、その小型クーラーバージョンとでも言いましょうか。

特徴は、

  • 重さ約1.1kgの軽量・コンパクトボディー
  • 持ち運べるから室内でも屋外でも使える
  • 水を使って空気を冷やすから乾燥対策にも
  • 室温より最大-13℃の冷たい風
  • エアコンのように冷えすぎない
  • 電気代も節約できる

などです。

とにかく小さくて軽い!収納も便利な軽量ボディー

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
届いてまず箱の小ささに驚き、思わず横に500mlのペットボトルを並べてみました。
家電なのに、ここまで小さいとはびっくりです。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
そして開封してみると、なんと本体はペットボトルよりも小さい!
重さは約1.1kgで、片手でもゆうゆうと持てるくらいです。
小さい子どもも持ち運びできます。

パーソナルクーラー『ここひえ』と扇風機を比較!
わが家の愛用の扇風機(一般的なサイズ)と並べてもこのコンパクトさです。

これならオフシーズンに仕舞うときも場所を取りません
形もスクエア型なので、そのまま他の箱と並べてスキマを作らず収納できそうです。

持ち運べるから室内でも屋外でも使える

ここひえはモバイルバッテリーやPCに繋げて使うこともできます。

コンセントがない屋外でも使えるので、キャンプや海など、お出かけ先に持っていくのもおすすめです。
熱中症対策にも期待できそうです。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
エアコンのない脱衣所やトイレなどに置いても便利に使えます。

女性なら、お化粧するときに「顔だけでも涼しくしたい」というのも叶えてくれます。

水を使って冷風を送るから乾燥対策にも◎

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
ここひえには給水タンクがあり、そこに水道水を入れて使用します。

水が蒸発する際に起こる「気化熱」を利用して、部屋の空気を冷たい風に変換してくれます。
公式サイトによると、冷風は室温より最大-13℃になるそうです。

ここひえの風には水分が含まれているので、エアコンの乾燥が気になる方にもおすすめできます。

電気代はエアコンと比べ96%OFF

こちらも公式サイトによりますと、一般的なエアコンと比較しても電気代は約96%OFFだそうです。

ここひえの1時間あたりの電気代は約0.14円と、一晩使っても約1円ほどにしかなりません。

夏場はエアコンの使用でとにかく電気代がかさむので、上手に使えば節約もできます。

ここひえを開封!同梱物や使い方など

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
フィルターは本体に装着済みで、USBアダプターにケーブル、取扱説明書のみと同梱物はシンプルです。
コンセントに繋ぐだけですぐに使えます。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
取扱説明書には給水の仕方やお手入れ方法などが書かれています。

大きいイラストで説明されているので、機械が苦手な方も大丈夫だと思います。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
こちらが冷風が出てくる前面。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
こちらが外気を取り込む背面です。
電源ポートは上のほうに付いています。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
上部には電源ボタンと風量切り替えボタン、照明設定ボタンがあります。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
レバーを上下させると風の向きが変わります。
こちらの写真は風を下向きに。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
こちらは風を上向きに。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
給水タンクは取り外して、水道水を入れて使用します。
本体に水がかかると故障の原因になるので、必ず取り外してから給水してください。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
風量は強・中・弱(おやすみ)の3段階で調整できます。

正直ちょっと謎のライト機能……

ここひえには、気分に合わせて色を変えられる全7色の「LEDムードライト」機能が搭載されています。

照明ボタンを押すたびに、照明の色が下記のように変化します。

緑色(初期設定)→黄緑色→うす緑色→黄色→オレンジ色→濃いオレンジ色→赤色→7色自動循環→消灯→緑色に戻る

各色を写真で撮ってみましたので、スクロールでサラッとどうぞ。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
緑色(初期設定)

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
黄緑色

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
うす緑色

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
黄色

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
オレンジ色

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
濃いオレンジ色

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
赤色

本当に微妙な違いの色もあるのですが、全7色+循環色が楽しめます。

でもこの機能、正直必要……(´▽`)?

ちょっと謎の機能ですが、ここひえの「遊び心」なのかなあとも思いました。

(個人的な要望を言えば、ライトよりタイマー機能があってもいいかもと→後述。)
(そうなると作りが全く変わってくるとは思いますが。)

王者・扇風機と『ここひえ』を比較!それぞれのメリットは何?

パーソナルクーラー『ここひえ』と扇風機を比較!
夏は扇風機派のわたしの視点で、扇風機とここひえのそれぞれのメリット・デメリットを考えてみました。

軽量・コンパクトで便利、収納しやすさは『ここひえ』

パーソナルクーラー『ここひえ』と扇風機を比較!
こうして並べてみると、ズーンと王者の貫禄が漂う扇風機さん。
でも、ここひえの良さはこのコンパクトさです。

持ち運びが便利で屋外でも使えますし、スクエア型なのでスッキリと収納もラクラクです。

あまり物を増やしたくない人にもおすすめできます。

風量だけなら「扇風機」、冷風なら『ここひえ』

パーソナルクーラー『ここひえ』と扇風機を比較!
わが家で使っているのは3,000円もいかない安い扇風機ですが、風量だけなら扇風機に軍配が上がりました。

ここひえは「強」でもわりと優しい風で、「風が気持ちいい」と言うよりは「冷たい空気でひんやり涼しい」といった印象です。

反対に、扇風機は「弱」でもしっかりと風を感じます。
「強」にして顔を近づければ髪が乱れるくらいの風量です。

おそらく一般的な扇風機は、どれもここひえより風量はあると思います。

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
この記事はまだ5月時点の感想なので、真夏になれば、ここひえの冷風はもっと気持ちいいかもしれません。

扇風機は部屋の湿度が高いとぬるい風しか来ませんし、その点、ここひえの冷風は快適に感じそうです。

欲を言えば、ここひえはもっと強い風量も出せるようになったらいいのにと思っています。

タイマー機能が欲しい『ここひえ』

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
ここひえで「ちょっと惜しい」と思うのは「タイマー機能」が付いていないところです。

タイマー機能が欲しい『ここひえ』
エアコンも扇風機も、大体どの機種もタイマーは付いていると思うのですが、ここひえには搭載されていません。
やさしい冷風で冷えすぎないのは確かですし、ON/OFFもワンタッチで簡単です。

でも、寝るときはエアコンや扇風機のタイマー機能を使って、一晩中は冷さないご家庭もあるかと思います。

今後、タイマーは増えたらより便利ですね。

『ここひえ』をプラスして夏をより快適に過ごす方法

ショップジャパン パーソナルクーラー『ここひえ』
ここひえはピンポイントに冷風を送れるので、エアコンの補助として一緒に使えばより快適さがアップします。

冷房は控えめにして、ここひえを近くに置けば、体を冷やしすぎに涼を取れますし、乾燥対策にもなります。

パーソナルクーラー『ここひえ』と扇風機を比較!
エアコンを使わない人であれば、扇風機+ここひえでも、いつもよりグンと涼しくなると思います。

場所を選ばず屋外でも使えるのは、熱中症対策としても有効ですね。

『ここひえ』の詳細は、ショップジャパン公式サイトもチェックしてみてください!


明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
【正規品】ここひえ – ここひえ 送料無料 <Shop Japan(ショップジャパン)公式>涼しさ持ち運べる!パーソナルクーラー

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク